日本AMD(株)

  • 【展示会】
    第8回 データセンター&ストレージ Expo【秋】
  • 【小間番号】 4-40
  • EPYCプロセッサーは高いVM密度により仮想化環境でのTCOを削減
  • EPYCプロセッサーは高いVM密度とメモリバンド幅、充実したI/Oによりにより仮想化環境におけるTCOを削減します。 8月に出荷開始された第2世代EPYCプロセッサを搭載した各サーバーベンダー様の製品や採用事例等をご紹介します。 ブース内ではエンジニアがお客様の課題に則したソリューションを提案いたします。

製品・サービス一覧

  • AMD EPYCサーバー・プロセッサー

    EPYCプロセッサはデータセンター・アプリケーション稼働において競合製品に比べてメモリー帯域幅が33%、I/Oが2.6倍、メモリー容量が160%多くなっています。 ベアメタル、仮想化、クラウドのいずれの方法で導入されても高速で応答性と安全性の高いITを実現します。

ロード中です

ロード中です

プレスリリース

※上記の情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
それ以外の目的(セールスなど)で無断に使用・転載することを固く禁じます。

当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。